【Overwatch】ヒーラーの在り方について

 ブロンズ帯最強アナを目指すにあたって、先ずはその入り口ともなる「ヒーラーの在り方」について、くろねこが思うところを書きますね。

 

 

【崩壊したオーバーウォッチ、それがブロンズ帯】



 このゲームは、一人で多くの敵を倒すことを目的としているわけではなく、大きく分けて

ペイロードの護衛、妨害

拠点の奪取、妨害

ですよね。

 しかし昨今、流行っているFPS・TPSシューター、例えばPUBGやBFなどの影響からか、単なる「キルゲー」と解釈している人は少なくないと思います。

 

 

 特に、このブロンズ帯やそれに近いレートのプレイヤーは、この傾向が多いのではないでしょうか?

 その考え違いが何を生み出すかというと、

構成崩れ

ですよね。

Inked構成崩れ_LI

 

 このレートで一番、悩まされるところで

 例えば

5DPS-1Heal 構成

なんて、よく見かけますし、とにかく本来、このゲームでは、かなり重要であるはずのタンクやヒーラーのピック率がおそろしいほど低い現状にあります。

 その中で、タンクやヒーラーを選択されるプレイヤーは非常に貴重ですよね。

 

 

【一瞬の判断が結果が左右する】



 くろねこが、このオーバーウォッチをやり始めた頃は、まだβ版の頃で当時は、まだ皆が皆、このゲームの趣旨を捉えて居らず、キルゲーしておりました。

 ヒーラー0構成は当たり前で、くろねこもパッケージに出てるトレーサーばかりピックしておりました(当時は重複ピックが可能だったので、好きなようにピックできました)。

 

 その後、タンク、ヒーラーに目覚めていくのです。今はヒーラー(とくにアナ)がメインですが、この背景には、性格的なものもあるでしょう。

 ゲームは、

一瞬の判断が結果を左右

させます。

 その一瞬の判断は、自分自身に直結しています。考えに考え抜いたゲーム上の行動より、自分に直結した直観的な行動が、本能的で良い結果を生むことが多い事が分かったのです(何も考えないでってことではないですよ)。

 

 くろねこは、リアルでも自分が前に出て、何かをするよりも、自分は一歩引いて人を使い、結果を出す方が得意な人間です。

 だから、DPSで敵を倒してゲームを直接、左右させるよりも、

味方をどうやってキャリーさせるのか

というやり方が、くろねこにはしっくりきたのですね。

 

 

【奴隷ヒーラーの時代は終わった】



 くろねこが、アナを選ぶ理由は、以前にも述べましたが、

自衛と侵略性

が優れているところです。

 

 ヒーラーは、ヒールだけをしてればいいわけではありません。オーバーウォッチが出始めた当初より時代は進み、プレイヤー達はより高度にゲームを進めております

 

 先にも述べましたが、「自衛と侵略」が求められるのです。

 特に侵略の場面において、どういった行動に出るかがとても重要になってきます。

 ヒールを重視するか、攻撃に転じるのかを、その一瞬の場面場面で判断していかなければなりません。

 

 だからヒーラーは、この「オーバーウォッチ」というゲームを良く理解したうえで、プレイしなければならず、常に「全体」を把握しておかなければなりません。

 あちらこちらに点在する、味方や敵に気を取られて、ゲームの流れに乗れないようでは、ヒーラーとしては失格だと思っております。

 守るべきヒーロー捨てるべきヒーロー見極めてゲーム維持を図らなければなりません。

 

 今後ブログで書いていくつもりですが、ナノブについても、常にDPSやタンクに付けるばかりが有効だとも言えません。ときにはもう一人のヒーラーにナノブを付けて、延命をしなければならないのです。

 

 そういった意味でヒーラーは、このオーバーウォッチというゲームの流れを掌握していると言っても過言ではないでしょう。

 

【ブロンズ・ヒーラーたちへ】



 構成崩れしたブロンズ帯で、ヒーラーを選択するは非常にストレスがかかります。

 DPSがキャリー出来ない原因を、ヒールが来ないから避難されますし、ヒールが追いつかないくらいに被弾しまくった挙げ句、死んでしまって原因をヒーラーに押しつけてくる、そんなレート帯でも、心折れずヒーラーを選択してくれる方は、本当に貴重な人材であることは、間違いなく言えるでしょう。

 

 これから、くろねこは、このカオスなブロンズ帯で最強アナを目指していくうえで、「ブロンズ帯アナ」として、必要なあれこれを執筆していきます。

 だから、それ以上のレートの人には「ブロンズ帯が何言ってんだ?」何て思うかも知れません。

そう思う方は、何も言わずこのページを閉じて頂くことをお勧めいたします。

 

 ここで執筆するのは「アナ」についてですが、それは

ヒーラーとしての在り方

にも通じる事でもあります。

 同じような境遇で、低レートでヒーラーメインをプレイされてる方の何か参考になれば幸いです。

 

 またこのブログでは、既に周知されたような技術的なこと(例えばナノブをゲンジに付けたら強いよ!)とかは、記事にするつもりはありません。

 応用的だけど、基本と同じぐらい大切な事を書いていくつもりなので、もしかするとこの辺り賛否両論があるかも知れませんが、コメントで頂けると、また違った発想が生まれる起源になりますので、ぜひ参考にさせていただきたいと思います。

 

最後に、くろねこアナの「HANAMURA戦」マッチを張り付けておきますので、見ていただけると嬉しいです。

コメントを残す