【スリープ・ダーツ】について(第2編)


 前回では、「ダーツ」の概要的なことについて書きましたが、今回は主に「実践編」的なものを執筆していきたいと考えております。

 

 

ダーツの使用方法について見極める



 いつもどんな時も、同じようなダーツの使い方をするのでは、アナは強くなれません。自分が参戦したマッチが、どのようなダーツの使用方法がいちばん効果を発揮するのか判断し、使用の方向性を決めなければなりません。
 そのためには、マッチ開始したらまず、敵の編成をよく確認し、マッチ開始序盤で敵(特にDPS、スナイパー)の動きをいち早く把握して、

「どのヒーローがヒーラーをフォーカスして、攻撃を仕掛けてくるのか?」

をよく見極め無ければなりません。

 ブロンズ帯は何でも「速攻」が好きです。
 時にはマッチ開始前でも、リス前で陣取ったりします。
 しかし、中にはじっと戦況を見て、我々の陣形がバラけてくるのをじっと待っているフランカーもいます。
 そんな時、開始早々にダーツを使ってしまうと、フランカーとうまく対峙できずに即落なんてことになってします。

 このレートは、一人堕ち出すとあっという間に、積み木崩しのように崩壊していきます。そして、「group up」もなく、リスポーンしたヒーローが順次単騎突入して、墜とされる。そんなことを延々と繰り返して、負けていきます。だから、開始早々に即落ちしないように、開始直後のダーツ使用は慎重にならなければなりませんね。

 相手の編成と動きを見極めて、そのマッチでのダーツの使い方の方向性を決めていくことは、ダーツに限らずに全てにおいて大切でしょうね。

 

 

ダーツの当たり判定



 ウィドウメーカーでは、ヘッドショットを当てて、1ショット1キルするのがかっこいいですね。ボディ・ショットだとなんか、当たり損ねた気分になりますよね。同じように、ダーツの当たりをヘッドショットと限定してしまえば、的を射抜くのは非常に難しですが、ダーツの場合、敵の体のどの部分をかすっても、当たり判定が出るので、結構当てやすくなっています。
 しかも「あ。外れた!」と敵の側方にダーツがそれてるのに、当たり判定に入ることってたまにありませんか?
 そのあたりについて、「当たり判定の動画」を作りましたので、載せておきます。

 このように、敵本体からちょっと外れだけでも、当たり判定が出るんですよ。
 だから、「ダーツ当たらないし、アナ使えないなぁ」って思っている人は案外、食わず嫌いかもしれないですよね。
 怖がらすに、撃ってみようかな?って思いません?

 

 

色々なダーツ射的方法



 

 以前の記事でダーツは「遅着弾」と言いました。体感的ですが、結構、遅延してるんじゃないですか?
 普段、AIMいい人は余計に、これに引っかかるんじゃないでしょうか。
 強力なスキルであるダーツだけに、適当に射ってしまうって、もったいないですよね。ダーツは、適当に100%感覚を頼って射っても、よい効果を得ることはできません。

 くろねこは、ダーツが当たる条件は、これも以前記事にしましたが

感覚と予測+α(目視)

だと考えております。

 だから、長時間プレイで疲れがたまると「感覚」が狂い、ダーツが当たらなくなってきます。

 しかし、どの状況でもこの公式が当ててはまるかとったら、そうではありません。
 これは、くろねこが第一に標的にしている「フランカー」たちに有効な射的方法感じています。

 それでは、これから射的の方法を3種類に分けて、説明していきますね。


目視重視による射的
 これは、比較的簡単な射的ですよね。
 敵に狙いを澄ましてダーツを当てる射的方法で、有効なヒーローは

リーパー(Ult状態含む)
バスティオン、めい
Ult状態)ファラ、マクリー
スナイパー勢(ウィドウメーカー、ハンゾー、アッシュ、アナ)
タンク勢(ハルト、ザリア、ロードホッグ、ウィンストン、オリーサ、)など

 これらヒーローは、静止状態であるか、若しくはヒーロー自体の動きが遅いものですね。
 この辺りは、特に説明なくとも皆さん寝かせられると思います。狙って、狙って~射貫く!

 ただそれだけですから。

 ただし、スナイパー勢を寝かせることは、戦況を有利に運ぶ上でとても重要と考えておりますので、これについて以前、動画解説を執筆いたしておりますので、リンク張り付けておきますので、よかったらそちらも見てください。

以前の記事 「アナ・ダーツ(高台墜とし)」

 

 

 


感覚と予測+αとして目視による射的
 ダーツの難易度が高いといわれる部分でしょう。
感覚的な「」を頼りに、敵の位置を判断し、そのヒーロー特有の行動パターン(これはレートにも、プレイヤーにもよります)から、行動を予測し、予測通りの動きを確認してから射貫く方法です。
 この射抜き方は、トレーサーやゲンジなど、トリッキーな動きや、的が小さくちょこまかと動き回るヒーローに有効です。
 しかし、これらのヒーローを射抜くには、事前にそれぞれの行動特性をよく知っておかなければなりません。

 以下に、トレーサー、ゲンジを例に取り上げていきます。

対トレーサー
 トレーサーの機動特徴は、「ブリンク」と「リコール」ですね。
 まずは、このトレーサーのブリンクの距離感覚やリコール位置感覚を掴まなければなりません。ここは、まさに「感覚」といえるでしょうね。

 そして、マッチ開始と同時にトレーサーを操るプレイヤーが、どのようなスキル発動の癖があるのかを早期に見極めることか重要です。

 トレーサーの狙い目といえば、

リコール発動した後、クールタイムを挟んでいる間

に寝かせることが理想でしょう。

 

 トレーサーの動きは素早い反面、動きが直線的で単調です。
 事前に音などで、位置が掴めれば、あとは、どのように切り込んでくるのか予測出来れば、トレーサーを仕留めることができると思います。
 しかし、レートが上がれば、本当に捕らえられないぐらい、トリッキーな動きを見せるトレーサーもいるので、あくまでブロンズ帯の話であることを理解していただきたいですね。

 動画の補足ですが、動画でもあるように振り向きショットについては、例えば、味方ドゥームフィストがやられている、若しくはブリンクの音などで、予め、ある程度の位置関係は把握しており、敢えて、その方向を向かないようにして隙を作っています。

 あとはそれに釣られて、いつ来るかを待つだけで、いつでもダーツを撃てる心の準備をしています。しかしこれを、トレーサーばかり警戒しすぎると、相手も警戒(特にダーツ)して、トリッキーな動きをしてくるために、ダーツが当たりにくい環境を作ってしまいます。

 

対ゲンジ
 ゲンジの機動特性は、「二段ジャンプ」と「風切り」ですね。
 特に二段ジャンプは、ゲンジの機動性を立体的にして、捉えにくくしいます。こ奴を捉えるのには少々厄介なキャラですよね。
 しかも、こ奴は、自分が敵の攻撃を受けにくいことをいいことに、堂々と味方本陣に乗り込み、ヒーラーたちをいじめてきます。
 いったい武士道とは・・・。なんて思いましたが、彼は忍者でしたね。

 

 ゲンジの処理のポイントは、やはり

「ジャンプ」「風切り」

でしょうか?
 ゲンジは殆ど、歩行移動することはありません。常にジャンプしたり、風切りしたり立体的に動いています。

 

 ゲンジの「ジャンプ」は、滞空時間が長くて「ふわっ」と飛ぶので、その頂点もしくは、着地点が狙いやすいですね。

 また、「風切り」は、動きがトレーサーと同じく、直線的になりますので、極力、正面で捉えるようにして、タイミングよくダーツを撃つと当たります。

 しかし、注意しないといけないのが、ダーツはキー入力後、発射されるまでのモーションも長いので、ゲンジが「風切り」に入ってしまえば、間合いによってはダーツが発射される時には、すでに切り抜けられていることがあります。

 また、正面にゲンジを捉えてダーツを狙うと、相手ゲンジも、それを察してきます。ダーツを撃った際に、「木の葉返し」をされて逆に寝かされることもありますので注意したいですね。

 

 「ゲンジ寝かせ」については以前、このブログを始める前に「ダーツによるゲンジ処理」について動画解説をしておりますのでよろしければ、そちらも見てあげてください。

※以前のゲンジに関する記事

「アナでゲンジ処理」
「アナ・ダーツ編」(動画解説)
「ゲンジの風切り寝かせ(補足)」

 

 

 

 そのほか、ドゥームフィストもありますが、これについては、マッチを見ていると皆さんよく寝かせているので
特段ここでは取り上げませんね。
ご要望があれば、別途執筆いたしますので、コメントによろしくお願いいたします。

 

 


感覚+αとして予測と目視による射的

 これは、ほぼ感覚を頼りに行う射的ですね。
 これについては、「ソンブラ」が見事に合致します。
 あと、いきなり死角から現れUltを打たれた際など、予測できなかった敵の行動に対して有効な手段として使っています。

対ソンブラ
 ソンブラは、姿を消して裏をとり、奇襲を仕掛けてきますよね。しかも、いきなり現れてハックされ、為す術なく逃げまどい殺されることって結構ありませんか?
 悔しいですよね。しかも一回成功すると、ソンブラプレイヤーは面白がって粘着してきます。
 だから、これだけは、絶対に阻止しなければなりません。もし、手に負えないようであれば、ここで「アナ」は変えなければなりません。そうなるとマッチに勝っても、なんか心残りありますよね。しかし、ここでしっかりと仕留めいくと、ソンブラもあきらめて、戦況はより優位に進めることができます。

 

 裏どりソンブラを仕留めるには、まず姿を消したのちに現れるときに「どうもぉ~」とか「びっくりしたぁ?」なんて声を出しますよね?その声を頼りにしています。また、ハックを開始すると、その最中は

ソンブラの手から放射線状に、ライン

が見えませんか?

 この放射線状のラインが結構、アナにとっては、居場所を教えてくれる重要な手がかりで、背後からハックを開始されたとき、その放射線状に伸びるラインが集まる中心点に、一気にAIMを合わせて打ち抜くと、結構当たるものなんですよ。
 しかも、裏どりして姿を現し、ハックを開始したソンブラはたいてい、行動は止まっていますので、このラインを手繰って射貫く方法が、意外と結構当たるんですよね。

 

 これもトレーサーと同じですが、事前にある程度、ソンブラの位置を把握しています。動画の中で、画面隅にソンブラを捉えていますが、そこは敢えて隙を作って相手を誘い出しています。ここで重要なのが、視界を広く保つために、ソンブラに狙われているときは、基本的にスコープは外しています。

 


 あと、参考ではありますが、以前にファラに対するダーツの当て方など、大それたことも執筆した時期がありましたので
 リンクを貼り付けておきます。

アナ・ダーツ「ファラを寝かせる」(動画解説)

 ファラは、基本的に「予測」に頼る射的になります。しかも、ファラの場合は上下左右に動くので、その予測はとても難しく、狙い通りにいつも当たることは、ほぼないですよね。
 しかし、一マッチで数回寝かせられることができたら、ファラプレイヤーに対する心理的ダメージは相当なものではないでしょうか。
 かといって、貴重なダーツを何度も無駄にしてしまうのは、どうかと考えた場合、やはりライフルで処理した方が理想なのかもしれませんね。
ファラ墜としは、アナ使いの「エゴ」なのかもしれません。

 

 次回は、スリープ・ダーツ最終章として、ダーツの使用方法について執筆していきたいと思います。

 御閲覧ありがとうございました。

コメントを残す